Updated: 2014年1月28日 | By MSN編集部
ソチからの12新種目!有望な日本選手たち

新種目に出場が決まった注目のジャパン代表選手たち



新種目に出場が決まった注目のジャパン代表選手たち (© Getty Images/Getty Images)
次へ
前へ
前へ
  • 新種目に出場が決まった注目のジャパン代表選手たち (© Getty Images/Getty Images)
  • ASSOCIATED PRESS
  • 高梨沙羅 (© Getty Images/Getty Images)
  • 伊藤有希 (© PETR JOSEK/Newscom/RTR)
  • フィギュアスケート 団体 (© 時事)
  • フリースタイルスキー ハーフパイプ 男子 (© GETTY IMAGES NORTH AMERICA)
  • 津田健太朗 (© AFP=時事)
  • フリースタイルスキー ハーフパイプ 女子 (© AFP=時事)
次へ
Getty Images/Getty Imagesサムネイルを表示
前へ1 of 20次へ
このギャラリーを共有する

2月7日(現地時間)から開催されるソチ冬季五輪。今回の五輪から新しく12種目が追加されトータルで7競技98種目となった。

特徴としては米のX-boxなどで人気を博しているハーフパイプやスロープスタイルなど、フリースタイルのスキー・スノーボードの種目が6つ追加された。この種目では、高校生プロスノーボーダーの角野友基選手や、一度引退したが復帰し、代表に選ばれたママさんスキーヤーの三星マナミ選手など見どころ満載だ。

また、バンクーバでは見送られた待望のスキージャンプ女子(ノーマルヒルのみ)が投入。日本の高梨沙羅選手が金メダル候補として注目の種目になりそうだ。そして、浅田真央選手羽生結弦選手など今季最強メンバーといわれている実力者揃いのフィギュアでも団体が追加。金メダルの期待がかかる!その他にもスノーボードのパラレル回転やリュージュやバイアスロンのリレーも追加された。

新種目の魅力とその種目の注目の日本人代表をピックアップ。新しい種目をチェックして応援するときの参考にして欲しい。

写真はワールドカップ第2戦 リレハンメルの時の高梨沙羅選手。